ミールコンテストでグランプリを受賞したとき

俺が今どきうれしかったことは、とあるクッキングコンテストでグランプリを受賞したことです。
女の俺はがんらいクッキングが大好きなので、力試しのつもりで応募していました。
挙句決定に残るという連絡をいただいた時折、「本当に!」というびっくりしました。
挙句検討はフィールドをめぐって真にクッキングを見つけるはでした。
これまでこんなトライがなかった俺は、幸福と共に、「絶対緊張する、いかんせん?」と思いました。
「いっそ辞退してしまおうか」といった消極的なことも考えながらダディに問題したら、「せっかくだから行こう」と言ってくれました。
クッキングコンテストの担当の手法には、「身寄りも一緒に来てくれて大丈夫ですよ」と言われていたので、家族で行くことにしました。
家からいくぶん遠いので、1泊でピクニックを兼ねて行きました。
即日落ち着いて料理をするために、事前に発達も重ねて置きました。
そのためか、挙句検討では思っていたほどプレッシャーせずにクッキングを設けることができました。
オーディエンスの方も至急手伝ってくれたので、それも大きかったと思います。
クッキングが完成したら、一人ずつ自分のクッキングのレビューやPRを通して、試食時刻になりました。
私も一緒に行った身寄りも、みんなで試食をしました。
どれも品物でおいしい雑貨ばかりです。
半人前の俺にとってはずいぶん勉強にもなり、「再度クッキングが賢く追い求めるなあ」といったました。
ですから、試食の後の式典で、自分がグランプリに選ばれた時折耳を勘ぐりました。
賞金は3万円で、賞状もいただきました。
賞状は長らく壁紙に飾って、先々タンスに保管しています。
つい先日、乳幼児の賞状やニュース簿をまとめて撮影するための対象ファイルを購入しました。
そうなると乳幼児が、「母のグランプリの賞状も撮影もらえるね」と言ってくれました。
乳幼児のメリットはとても嬉しかったのですが、乳幼児案件に買ったファイルなので、自分の賞状は入れないことにしました。
これからも、身寄りが喜んでくれるような旨いクッキングが作れるようにこぶしを磨いていきたいと思います。特典fxドラスト